医学部 臨床医学循環器内科学Cardiology

JapaneseEnglish

研究室HP

循環器内科学 集合写真

脂質異常症、高血圧症、糖尿病などの“生活習慣病”を背景にした狭心症や心筋梗塞など動脈硬化性心血管疾患が増加している。また高齢人口の増大に伴い、難治性不整脈、重症心不全への対策も急務となっている。当科ではこれら心血管病に対する高度で集学的な診療として、冠動脈カテーテル治療、心筋カテーテル焼灼術、植え込み型除細動器、心臓再同期療法といった最新医療技術を導入し、その克服を目指してきた。
またこれら心血管疾患の成因・病態の解明、新しい診断・治療法の開発を目指した研究を進め、多くの知見を報告してきた。特に疾患発症遺伝素因の探索、心筋虚血および代謝異常の分子マーカー、治療反応性規定因子の探索、などで成果を挙げ、国内外の諸施設と共同で心血管病の克服を目指した研究を進めている。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8163 +81-76-218-8163 / FAX: 076-286-3780 +81-76-286-3780 / Email: cardiol@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 梶波 康二 梶波教授写真

臨床教授

  • 北山 道彦

准教授

  • 河合 康幸
  • 土谷 武嗣
  • 赤尾 浩慶
  • 藤岡 央

講師

  • 若狭 稔

助教

  • 石田 良子
  • 青木 洋文
  • 斉藤 竜平
  • 藤林 幸輔
  • 渡辺 真
  • 髙野 信太郎

主な研究業績

部門別研究業績

  • Shintaro Takano, Kousuke Fujibayashi, Nakaba Fujioka, Ei-ichi Ueno, Minoru Wakasa, Yasuyuki Kawai, Kouji Kajinami : Circulating Glutamate and Taurine Levels Are Associated with the Generation of Reactive Oxygen Species in Paroxysmal Atrial Fibrillation, Disease Markers, 2016: 1-7,2016
  • K.Tanabe, Y.Kawai, M.Kitayama, H.Akao, R.Ishida, A.Motoyama, M.Wakasa, R.Saito, H.Aoki, K.Fujibayashi, M.Watanabe, T.Tsuchiya, H.Kimura, K.Yoshida, K.Kajinami:Increased levels of the oxidative stress marker, nitrotyrosine in patients with provocation test-induced coronary vasospasm,J. Cardiol.,64:86-90,2014.
  • H.Akao, E.Polisecki, EJ.Schaefer, S.Trompet, M.Robertson, I.Ford, JW.Jukema, AJ.de Craen, C.Packard, BM.Buckley, K.Kajinami:ABCA1 gene variation and heart disease risk reduction in the elderly during pravastatin treatment,Atherosclerosis,235:176-181,2014.
  • R.Saito, K.Takeda, K.Yamamoto, A.Nakagawa, H.Aoki, K.Fujibayashi, M.Wakasa, A.Motoyama, M.Iwadare, R.Ishida, N.Fujioka, T.Tsuchiya, H.Akao, Y.Kawai, M.Kitayama, K.Kajinami:Nutri-pharmacogenomics of warfarin anticoagulation therapy : VKORC1 genotype-dependent influence of dietary vitamin K intake,J. Thromb. Thrombolysis.,38:105-114,2014.
  • H.Aoki, I.Matsunari, Y.Nomura, W.Fujita, R.Komatsu, Y.Miyazaki, SG.Nekolla, K.Kajinami:Myocardial sympathetic innervation, function, and oxidative metabolism in non-infarcted myocardium in patients with prior myocardial infarction,Ann. Nucl. Med.,27:523-531,2013.

主な外部研究資金

  • 2016年~2018年
    青木洋文 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(C)
    糖尿病性心筋症の心筋組織中の終末糖化産物と酸化ストレスの関係
  • 2015年~2017年
    河合康幸 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(C)
    冠れん縮性狭心症の酸化ストレスに影響を及ぼす新たな危険因子の特定
  • 2013年~2015年
    梶波康二 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(C)
    栄養薬理遺伝学を用いた次世代抗凝固療法の開発
  • 2014年~
    梶波康二 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 医薬品等規制調和・評価研究事業
    市販後における重篤副作用(間質性肺炎、横紋筋融解症、重症薬疹等)の発症要因解明と安全対策に関する研究
  • 2013年~2015年
    梶波康二 (財)車両競技公益資金記念財団研究助成
    動脈硬化の発症と進展に関与する新規メカニズムの探索と治療法開発